本文へスキップ

〜フロアコーティング優良店〜口コミで人気のブラッシュにお任せ下さい!

お客様サポート 0120-940-985

   無料サンプル請求・無料見積り   

BRUSHフロアコーティン10の特徴
HEADLINE


確かな施工技術



施工技術でも性能の差が大きく出るフロアコーティング。未熟なスタッフの施工によるフロアコーティングのトラブルは意外と多いです。
当社では厳しいテストに合格した知識・経験豊富な施工スタッフ(コーティングマイスター)が施工を担当しております。
床材や季節によって変わる温度や湿度などなどコーティング施工はとってもデリケートです。
状況に応じての施工方法で仕上がりに大きく差がつきます。

見た目の仕上がりだけではなく、そのコーティングの性能まで左右されます。


当社は材料だけではなくその施工技術にも自信をもっており、また勉強会や新たな床材へのテストを繰り返し、常に進化し続ける様努力しております。

前処理の重要性

フロアコーティングには種類がありその特徴もコーティングの種類によって異なります。
コーティングの種類だけに注目してしまいますが、まず前処理という下地処理がしっかりできていなければどんな性能のいいコーティングをしても仕上がりに大きく影響を与えてしまい、様々な不具合を起こしフロアコーティング本来の機能を果たす事ができません。
床材に合わない前処理方法では床に大きなダメージを与えてしまいます。中古物件はお断りする会社もあるくらい前処理には技術と経験が必要になります。
当社ではしっかりとした下地作りから細心の注意を払い丁寧に施工しております。
何段階にも工程を重ねることでフロアコーティングの仕上がり、性能をより良質なものに仕上げていきます。


床材の確認

床材の特徴や素材を確認し、的確な下地処理を行います。
近年、膨大な数のフローリングの種類があり同じ種類のコーティングでも床材によって前処理方法も異なります。
                      


キズ・ワックス有無の確認

内覧会などで見過ごしたキズの確認、補修跡、ワックスの有無を事前にもう一度確認させて頂きます。
※小キズや凹みなど対応できる物は当社で無料補修しております。
                      


養生

コーティングを施工しない部分に汚れなどつけない様に養生をさせて頂きます。
                      


ワックス剥離

ワックス塗布されている場合は既存のワックスを剥離します。
床材、ワックスの塗布量を確認し最適な剥離方法で床を傷めず剥離作業を行います。
                      


床材洗浄

汚れやしっかり洗浄します。新築の状態でも汚水はこんなに真っ黒です。隅々までしっかり汚れを取り除きます。
                      


除菌・消毒

大まかな汚れを洗浄した後さらに除菌消毒剤で目に見えない汚れや、糊、ボンド後などをしっかりとふき取っていきます。
                      


乾燥

洗浄後は十分乾燥させます。乾燥が十分でない場合もコーティングへの不具合につながる為、施工前にしっかり乾燥を確認します。
                      


ホコリ除去

乾燥後、ホコリや細かいチリなどを専用クロスでさらに除去します。
細かいホコリなどを除去する事で仕上がりに大きく差がつきます。
                      


プライマー下地

床材に合わせて調合した下地剤を塗布します。下地を塗布せず施工する会社もありますが、床材とコーティングの剤の密着をよくする事でさたに耐久性をアップさせます。
                      


コーティング剤塗布

下地が十分乾燥した後、床材にコーティング剤が均一になるように
しっかり塗布します。ホコリや異物の混入がないか確認しながら慎重に施工を行います。