本文へスキップ

〜フロアコーティング優良店〜口コミで人気のブラッシュにお任せ下さい!

お客様サポート 0120-940-985

   無料サンプル請求・無料見積り   

フロアコーティングの必要性HEADLINE

フロアコーティングをしていない床は・・・




フロアコーティングはより快適なライフスタイルを送るお手伝いをする為の商品です。
きれいなお部屋は私達の生活に快適さやゆとりを与えてくれます。
特別なお手入れをしなくても長期間きれいな状態を維持する事ができるという事が最大のメリットです。
必ず施工をする必要はありませんが、フロアコーティングを施工していない床とでは2年〜3年後から
大きな差が出てきます。
フロアコーティングをしていないフローリングがどんな状態になるのかご家庭でよく見られるフローリングの状態の例をいくつかご紹介させて頂きます。


◆紫外線での劣化


ベランダ側や日当たりの良い窓際のフローリングは紫外線のダメージを大きく受け、他の場所より何倍も早く劣化します。
フローリングの表面はボロボロになり、
亀裂や筋がたくさんでき、表面がめくれる状態になってきます。
フロアコーティングはUVカット効果があるのでこの様な状態を防止する事ができます。


◆黒ずみ

歩行の多いリビングや廊下ではワックスに汚れが絡み込んでしまい、水拭きや通常の洗剤では絡んだ汚れは取り除けません。
専用の剥離剤を使用する必要がありますがご自分での作業は、フローリングへのダメージが大きくまた大変労力のかかる作業です。
フロアコーティングはこの様に汚れが絡み
込む事がありません。


◆水滴跡

フローリング自体がお水に弱くすぐに拭き取る必要があります。またワックスもお水によりすぐに取れてしまう為、キッチンやお水廻りにはたくさんの水滴の跡が付いてしまいます。
フロコアーティングは耐水効果があるので水滴の跡やお水でコーティングが取れてしまうことがありません。


◆湿気による腐食

劣化した箇所や、小キズから水分が入り腐食してしまったフローリング。
窓際や水廻りなどでは特にフローリングに腐食してしまいやすく、さらにカビなども生えてしまう事もあります。


◆ペットの粗相

ペットの粗相やアルコール、ご家庭で使用する洗剤などはうっかりこぼしてしまうと、フローリングに染み込んでしまいます。
一度染み込んでしまった汚れは中々除去できません。
フロアコーティングは薬品にも対応できるためすぐに汚れが染み込む事がありません。


◆観葉植物の跡

観葉植物を置いてあった場所にくっきり跡が残ってしまいました。
受け皿についたお水や泥水がフローリングに染み込んでしまい除去はできません。


◆小キズ

スリッパの使用やペットの爪などでどうしてもできてしまう生活による小キズ。キズに強いタイプのフローリングでも入ってしまいます。フロアコーティングはフローリングへの直接のダメージを防ぐ事で水分の浸入などを防ぎます。